アルス・コンビナトリア : 象徴主義と記号論理学

ジョン・ノイバウアー 著 ; 原研二 訳

ルルスの"解読の術"、キルヒャーの"大いなる術"、ライプニッツの"数学的知の体系"、シュレーゲルの"官能の論理学"、ノヴァーリスの"精神の詩的建築学"、マラルメの"宇宙的超‐書物"を視野に入れ、文学上のシンボリズムと論理学上のシンボリック・ロジックの双方に共通する史的伝統を検討し、世界をカード化する現代のコンピュータ言語を理念的に準備した、結合術とロマン派以降の近代文学の多様な関係を析出する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 結合術の伝統
  • 初期ロマン派の抱いたライプニッツ・イメージに表われたる結合術、記号論、および百科全書理論
  • 概念計算と発明術
  • 記号論
  • 「百科全書化計算」
  • C.F.ヒンデンブルクの結合術
  • 論理主義、批判哲学、弁証法的論理学
  • 現にある世界とありうる世界
  • 結合術の機知
  • 結合術的小説の理論〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アルス・コンビナトリア : 象徴主義と記号論理学
著作者等 Neubauer, John
原 研二
ノイバウアー ジョン
書名ヨミ アルス コンビナトリア : ショウチョウ シュギ ト キゴウ ロンリガク
書名別名 Symbolismus und symbolische Logik

Arusu konbinatoria
出版元 ありな書房
刊行年月 1999.10
ページ数 302p
大きさ 22cm
ISBN 475669960X
NCID BA43884909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想