戦国・織豊期の朝廷と公家社会

神田裕理 著

[目次]

  • 当該期の天皇・公家・公武関係研究の研究史整理
  • 第1部 天皇の政務運営(織豊期改元
  • 絹衣相論とその裁決
  • 勅命講和の諸相
  • 伊勢神宮遷宮前後相論とその裁決)
  • 第2部 朝廷の運営と公家の役割(禁裏小番衆と朝廷
  • 織豊期の後宮女房-職掌と活動
  • 織豊期公家の「家業」と「家職」)
  • 第3部 儀礼から見た公武関係(信長・秀吉による朝廷への献上行為
  • 信長・秀吉に対する公家衆の「参札」
  • 織豊期公家の座次と家格)
  • 戦国〜織豊期における朝廷の特質と近世への展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国・織豊期の朝廷と公家社会
著作者等 神田 裕理
書名ヨミ センゴク ショクホウキ ノ チョウテイ ト クゲ シャカイ
シリーズ名 歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 2011.4
ページ数 518p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7517-4300-3
NCID BB05560932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21940680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想