日本神道史

岡田莊司 編

古来、神は日本人の精神的より所として存在し、国家の成立に大きな位置を占めるようになった。神話と祭祀考古学の世界、神道の成立から神仏習合、国家神道まで、神社と神道のあり方に迫り、今も息づく神道の世界を解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 神道とは何か
  • 2 神道の歴史(祭祀の誕生
  • 律令国家と祭祀
  • 多様化する神道-平安時代・中世
  • 理論化する神道とその再編
  • 新たな神道体制の確立)
  • 3 神社分布と神道の現在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本神道史
著作者等 岡田 荘司
書名ヨミ ニホン シントウシ
書名別名 Nihon shintoshi
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.7
ページ数 342, 24p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-08038-5
NCID BB02462187
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21792956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想