地震の社会史 : 安政大地震と民衆

北原糸子 著

1855年、100万都市江戸を襲った安政大地震。甚大な被害状況に人々はどう対応したか。幕府の御救いや民間救済事業の実態、かわら版や鯰絵から復興を願う被災者の心性を探る。災害社会史の名著に、最新の研究成果を増補。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 災害と情報(災害の社会性-被害の軽重
  • 情報における事実と真実
  • さまざまな地震誌
  • 地震鯰絵と民衆)
  • 第2部 災害と救済(災害と救済
  • 施行論-抑圧と解放と)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地震の社会史 : 安政大地震と民衆
著作者等 北原 糸子
書名ヨミ ジシン ノ シャカイシ : アンセイ ダイジシン ト ミンシュウ
シリーズ名 読みなおす日本史
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2013.4
ページ数 378p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-06392-0
NCID BB12125139
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22219560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想