人と動物の日本史  1

西本 豊弘【編】

縄文・弥生から近世までの日本人の動物観の移り変わりを、土製品や石製品、動物骨や動物絵画など、多彩な考古資料で描く。狩猟・漁撈・肉食の変遷や、イヌ・ウマ・ブタ・鳥など、家畜と日本人との深い関わりにも迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人と動物観
  • 1 動物観(縄文人の動物観
  • 弥生・古墳時代人の動物観
  • 動物観の変遷)
  • 2 狩猟と漁撈(狩猟活動の変遷
  • 漁撈活動の変遷
  • 肉食の変遷)
  • 3 家畜と日本人(イヌと日本人
  • ウマと日本人
  • ブタと日本人
  • 鳥と日本人)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人と動物の日本史
著作者等 西本 豊弘
書名ヨミ ヒト ト ドウブツ ノ ニホンシ
書名別名 動物の考古学

Hito to dobutsu no nihonshi
巻冊次 1
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2008.12
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06275-6
NCID BA87927190
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21519523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想