平城京成立史論

北村優季 著

古代都市史研究の進展に、平城京をはじめとする都城制の解明は不可欠である。記紀に見える宮号、京戸の構造や条坊の論理、首都の疫病や治安、長岡平安遷都の史的背景など、「都市とは何か」という命題のもとに考察した、平城京に関する諸論考を集成。唐の都城とも比較しつつ、文献史料を精査して、長岡京・平安京へと続く古代都市の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 都城の前史(政治空間としての飛鳥
  • 記紀に見える宮号について
  • 藤原京と平城京)
  • 第2部 平城京の成立(京戸について-都市としての平城京
  • わが国における都城の成立とその意義
  • 日唐都城比較制度試論
  • 条坊の論理
  • 京の和訓-「みやこ」と「みさと」)
  • 第3部 国家と社会(首都論と日本古代の都城
  • 古代の都市問題
  • 首都の治安と防備-礼制と都城
  • 平城宮の「外司」)
  • 第4部 平安京への展望(長岡平安遷都の史的背景
  • 都市史における古代と中世)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平城京成立史論
著作者等 北村 優季
書名ヨミ ヘイジョウキョウ セイリツシロン
書名別名 Heijokyo seiritsushiron
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2013.11
ページ数 335,7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-04610-7
NCID BB13890546
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22325767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想