長宗我部氏の研究

津野倫明 著

戦国から豊臣期において土佐を治めた長宗我部氏の動向を探り、通説に対し新たな視点を提示する意欲作。小牧・長久手の戦いと四国情勢、滝本寺の僧非有斎と領国支配体制、元親・盛親父子による二頭政治、慶長の役、朝鮮出兵時の造船政策と土佐国、南海路における島津氏との交流、安国寺恵瓊の実像などを検討し、長宗我部氏の政治と外交を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 小牧・長久手の戦いと長宗我部氏
  • 補論1 長宗我部氏による讃岐・阿波統合の状況
  • 第2章 長宗我部権力における非有斎の存在意義
  • 第3章 豊臣期における長宗我部氏の領国支配
  • 第4章 長宗我部盛親の家督相続
  • 第5章 慶長の役における長宗我部元親の動向
  • 第6章 軍目付垣見一直と長宗我部元親
  • 第7章 朝鮮出兵期における造船に関する一試論
  • 第8章 南海路と長宗我部氏
  • 第9章 安国寺恵瓊の虚像と実像
  • 補論2 恵瓊大名説の再検討

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長宗我部氏の研究
著作者等 津野 倫明
書名ヨミ チョウソカベ シ ノ ケンキュウ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.5
ページ数 277,8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-02907-0
NCID BB08946018
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22093019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想