日本古代の交通・交流・情報  3

舘野和己, 出田和久 編

近年、全国各地で古代の道路・駅家・関・橋・津・烽火などの交通施設に関する遺構が見つかっている。考古学や歴史地理学の調査・研究成果の蓄積から、かつての古代交通のイメージが一新され景観の復原も試みられている。道路や駅家・橋などの交通施設と運搬・航海など交通に関わる技術を取り上げ、古代交通の様相を具体的に描き、その景観を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代道路の姿(古墳時代の道路
  • 宮都周辺の計画道路
  • 都城道路
  • 地方の官道-駅路・伝路
  • 条里地割と道路)
  • 2 交通施設(駅家
  • 渡河施設
  • 交通に関わる祭祀)
  • 3 交通に関わる技術(運ぶ手段
  • 船を操る技術
  • 古代の地図
  • 古代の道路と地名)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古代の交通・交流・情報
著作者等 出田 和久
舘野 和己
書名ヨミ ニホン コダイ ノ コウツウ コウリュウ ジョウホウ
書名別名 遺跡と技術
巻冊次 3
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.8
ページ数 368p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-01730-5
NCID BB21752934
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22765996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
七道 出越茂和 ほか, 矢田勝, 高島英之
交通に関わる祭祀 山近久美子
古代の地図 飯田剛彦
古代の地方道路 木本雅康
古代の道路と地名 伊藤寿和
古墳時代の道路 高島英之
宮都周辺の計画道路 近江俊秀
条里地割と道路 出田 和久
渡河施設 松村博
船を操る技術 川尻秋生
運ぶ手段 中村潤子
都城道路 佐藤亜聖
駅家 中村太一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想