近代ヨーロッパ国際政治史

君塚直隆 著

近代ヨーロッパはどのような世界だったのでしょうか。主権国家は、いつ、どのように形成されたのでしょうか。近代ヨーロッパは、国際社会の規範を形成し現代国際社会の源流と伝統を築き上げました。王侯・貴族から絶対君主へ、そして主権国家へという国際政治上の主役の移行をふまえ、16〜20世紀初頭の近代ヨーロッパ四百年の国際政治史を活写します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近代ヨーロッパ国際政治史の視点
  • 第1部 近代国際社会の黎明(近世最大の封建領主と宗教戦争
  • 弱小国イングランドの苦悩
  • 三十年戦争と帝国の再編)
  • 第2部 「長い18世紀」のヨーロッパ国際政治(ルイ14世の野望と「長い18世紀」の始まり
  • ロシア帝国の台頭と拡張
  • 「大王」と「女帝」の確執-神聖ローマ帝国の運命
  • 「愛国王」の孤立とアメリカの独立
  • フランス革命とナポレオン戦争)
  • 第3部 「ヨーロッパの時代」の栄光と衰退(ウィーン体制の確立と勢力均衡
  • クリミア戦争とウィーン体制の崩壊
  • アメリカ南北戦争-史上最大の内戦
  • ビスマルク体制下のヨーロッパ
  • 第一次世界大戦への道
  • 「ヨーロッパの時代」の終わり)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代ヨーロッパ国際政治史
著作者等 君塚 直隆
書名ヨミ キンダイ ヨーロッパ コクサイ セイジシ
書名別名 History of International Relations in Modern Europe
シリーズ名 有斐閣コンパクト
出版元 有斐閣
刊行年月 2010.10
ページ数 358p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-17371-2
NCID BB0366380X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21840140
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想