寝所と寝具

小川光暘 著

身近で、使うことが当たり前になっている寝具たち。だが、それほど身近な存在でありながらわれわれの祖先がいつ頃からどのように寝具を使い始めたのかを知る人も思い馳せる人も少ない。日本人と寝具そして寝所との関係をまとめた名著を復刊!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 上古・上代の寝所と寝具(原始住居と寝室
  • 上古・上代のタタミとフスマ
  • トコという言葉の問題 ほか)
  • 第2章 平安・鎌倉時代の寝室と寝具(寝殿造の構造
  • 塗篭の役割
  • 御帳と帳台 ほか)
  • 第3章 室町時代から現代まで(中世住宅の寝室と帳台構
  • 室町時代の就寝風俗
  • 安土桃山時代の寝具 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寝所と寝具
著作者等 小川 光暘
書名ヨミ シンジョ ト シング
シリーズ名 雄山閣アーカイブス 歴史篇
出版元 雄山閣
刊行年月 2016.8
版表示 復刊
ページ数 175p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-639-02433-0
NCID BB22210562
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22781596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想