映画界のドン岡田茂の活動屋人生

文化通信社 編著 ; 文化通信社 監修

映画を愛し、最後まで"プロデューサー"として映画に人生を捧げた活動屋の半生を描く。映画界のみならず、現代社会を生き抜くための1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 岡田茂社長インタビュー(これだけはハッキリしておく-1972年(昭和47年)7月
  • 新規事業開拓で年商800億へ-1972年(昭和47年)12月
  • 49年の東映は激しく変貌する-1973年(昭和48年)11月
  • 経営人材はどうしたら育つか-1974年(昭和49年)3月 ほか)
  • 岡田茂対談(城戸四郎×岡田茂-所長プロデューサーはどうあるべきか?(1963年(昭和38年)1月)
  • 岡田茂×鈴木〓(あき)成-年1回そこそこしか映画をみないインテリ層など相手にしていられない(1965年(昭和40年)10月)
  • 岡田茂×今田智憲-東映映画部門これからの運命…(1968年(昭和43年)6月)
  • 石田達郎×梅垣哲郎×岡田茂-情報化社会の中の販売チャンネル(1970年(昭和45年)11月) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画界のドン岡田茂の活動屋人生
著作者等 文化通信社
書名ヨミ エイガカイ ノ ドン オカダ シゲル ノ カツドウヤ ジンセイ
出版元 ヤマハミュージックメディア
刊行年月 2012.6
ページ数 381p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-636-88519-4
NCID BB09775169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22111071
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想