東南アジア史  1(大陸部)

石井米雄, 桜井由躬雄 編

本書が対象とする東南アジア大陸部には、現在、ミャンマー連邦、タイ王国、ラオス人民民主共和国、カンボジア王国、ベトナム社会主義共和国という五つの国民国家が存在している。このうちタイを除く四カ国は、いずれも1945年の太平洋戦争終結以後に、さまざまな経緯をへて植民地からの独立を達成し、国民国家として出発した。独立後の歴史はまだ半世紀をようやくこえた新しい国々ではあるが、いずれも独立に先立つ長い前史をもっている。これらの国々の個別の歴史を、近代国家の国境をこえた東南アジアという、より広い文脈のなかに位置づけながら、大陸部全体が歩んできた歴史の道筋を、整合的に語るのが本書の目的である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東南アジアの大陸部世界
  • 1 東南アジア諸地域の形成(先史時代
  • 紅河の世界
  • 南シナ海の世界 ほか)
  • 2 世界のなかの東南アジア(ベトナム世界の成立
  • ポスト・アンコール
  • シャム世界の形成 ほか)
  • 3 現代の東南アジア(戦場から市場へ-激動のインドシナ
  • 軍部独裁下のビルマ
  • 「国の開発」-タイの試み)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東南アジア史
著作者等 桜井 由躬雄
石井 米雄
書名ヨミ トウナン アジアシ
書名別名 Tonan ajiashi
シリーズ名 新版世界各国史 5
巻冊次 1(大陸部)
出版元 山川出版社
刊行年月 1999.12
版表示 新版
ページ数 521, 94p
大きさ 20cm
ISBN 4634413507
NCID BA44584955
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20026216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想