ヴィクトリア女王 : ジェンダー・王権・表象

川本静子, 松村昌家 編著

わが国では、ヴィクトリア朝文化について歴史・文学・美術・あるいは建築などそれぞれの分野において研究が進んではいるが、ヴィクトリア女王そのものを対象としてとりあげた研究はなかった。本書は、男は公領域、女は私領域に活動の場を得るのが男女本来の資質に適っているという考え方が支配的であった時代にあって、「公領域の頂点に立つ女性」というパラドキシカルな存在であったヴィクトリア女王に、王権とジェンダーの関係、「視覚的表象」と「言語的表象」と王権の関係という視点から迫る「ヴィクトリア女王学」の第一歩。これはまた、わが国の「女帝論争」にも何がしか示唆するものがあろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 女性君主とドメスティック・イデオロギー
  • 第2章 笑わない女王ヴィクトリア-「王室肖像画像」再考
  • 第3章 アルバート公-ヴィクトリアン・ポピュラー・モナキーの成り立ち
  • 第4章 ヴィクトリア女王とディズレーリ
  • 第5章 女王と外国人とユダヤ人
  • 第6章 女王は「帝国の母」だったのか?-サラ・フォーブズ・ボネッタの物語を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴィクトリア女王 : ジェンダー・王権・表象
著作者等 川本 静子
松村 昌家
書名ヨミ ヴィクトリア ジョオウ : ジェンダー オウケン ヒョウショウ
書名別名 Vikutoria joou
シリーズ名 Minerva歴史・文化ライブラリー 9
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2006.7
ページ数 332, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4623046605
NCID BA77856507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21083345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想