『こころ』大人になれなかった先生

石原千秋 著

大人になることは、かつては親を超えることでした。ところが、その機会を奪われたのが、ほかならぬ「先生」です。そこに不幸の始まりがありました。「先生」が果たせなかった"父親殺し"の問題を、詳細に追究します。さらに、「先生」「K」「私」をめぐって幾重にも仕掛けられた驚くべき謎を読み解きます。最高の漱石入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1回 なぜ見られることが怖いのか(長すぎた遺書
  • 眼差しへのこだわり
  • 眼差しが怖い ほか)
  • 第2回 いま青年はどこにいるのか(語る人間の物語
  • 冒頭と末尾の矛盾
  • 隠された感情 ほか)
  • 第3回 静は何を知っていたのか(「先生」と呼ぶ理由
  • エリートのための純粋培養システム
  • 高等教育の中の出会い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『こころ』大人になれなかった先生
著作者等 石原 千秋
書名ヨミ ココロ オトナ ニ ナレナカッタ センセイ
書名別名 Kokoro otona ni narenakatta sensei
シリーズ名 こゝろ
理想の教室
出版元 みすず書房
刊行年月 2005.7
ページ数 155p
大きさ 19cm
ISBN 462208306X
NCID BA72715100
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20820175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想