磁力と重力の発見  2

山本義隆 著

古代以来、もっぱら磁力によって例示されてきた"遠隔力"は、近代自然科学の誕生をしるしづける力概念の確立にどのように結びついていったのか。第2巻では、従来の力学史・電磁気学史でほとんど無視されてきたといっていいルネサンス期を探る。本書は技術者たちの技術にたいする実験的・合理的アプローチと、俗語による科学書執筆の意味を重視しつつ、思想の枠組としての魔術がはたした役割に最大の注目を払う。脱神秘化する魔術と理論化される技術。清新の気にみちた時代に、やがてふたつの流れは合流し、後期ルネサンスの魔術思想の変質-実験魔術-をへて、新しい科学の思想と方法を産み出すのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第9章 ニコラウス・クザーヌスと磁力の量化
  • 第10章 古代の発見と前期ルネサンスの魔術
  • 第11章 大航海時代と偏角の発見
  • 第12章 ロバート・ノーマンと『新しい引力』
  • 第13章 鉱業の発展と磁力の特異性
  • 第14章 パラケルススと磁気治療
  • 第15章 後期ルネサンスの魔術思想とその変貌
  • 第16章 デッラ・ポルタの磁力研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 磁力と重力の発見
著作者等 山本 義隆
書名ヨミ ジリョク ト ジュウリョク ノ ハッケン
書名別名 Jiryoku to juryoku no hakken
巻冊次 2
出版元 みすず書房
刊行年月 2003.5
ページ数 p305-604, 18p
大きさ 20cm
ISBN 462208032X
NCID BA62140705
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20412978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想