丸山眞男話文集  4

丸山眞男 [著] ; 丸山眞男手帖の会 編

第4巻には、日本学士院論文報告「福沢諭吉の"脱亜論"とその周辺」「福沢における"惑溺"という言葉」や、中国人留学生の質問に答えた「儒学・近代化・民主主義」「天安門事件の後に」、師の著作集の「解説」を書くために、ヒヤリングを行った「聞き書 南原繁『政治理論史』」、二本のスピーチ「私にとっての安藤仁兵衛君」、追悼文4本など、全13編を収録する。全4巻完結。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 福沢諭吉の「脱亜論」とその周辺-日本学士院論文報告(一九八〇年九月)
  • 福沢における「惑溺」という言葉-日本学士院論文報告(一九八四年四月)
  • 戦争観の変化と東アジアの近代化-伊豆山でのもうひとつの対話(一九八八年六月)
  • 「権力の偏重」をめぐって(一九八八年八月)
  • 儒学・近代化・民主主義-中国人留学生の質問に答える第一回(一九八八年一〇月)
  • 天安門事件の後に-中学人留学生の質問に答える第二回(一九八九年六月)
  • 秋陽会記-主権国家・世界秩序・二一世紀の人権問題(一九九一年一一月)
  • 聞き書南原繁『政治理論史』-『南原繁著作集』第四巻「解説」のために(一九七三年四月)
  • 私にとっての安藤仁兵衛君(一九七七年四月/一九七八年一二月)
  • 旧制最後の学生-追悼・中瀬信治(一九七九年六月)
  • 木村先生の思い出(一九八〇年四月)
  • 弔文-追悼・副島種典(一九九一年五月)
  • 弔文-追悼・寺田熊雄(一九九七年四月)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 丸山眞男話文集
著作者等 丸山 真男
丸山眞男手帖の会
丸山 眞男
書名ヨミ マルヤマ マサオ ワブンシュウ
書名別名 Maruyama masao wabunshu
巻冊次 4
出版元 みすず書房
刊行年月 2009.3
ページ数 451, 27p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07384-0
NCID BA85854620
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21567355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想