鶴見俊輔書評集成  3(1988-2007)

鶴見俊輔 [著]

ソ連邦崩壊後のマルクス主義文献、雑誌『朝鮮人』の終りにから『寄生獣』、村上春樹、神谷美恵子管見、世界文学の中の『死霊』、川上弘美『パレード』まで109編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 一九八八‐一九九九(一歩兵小隊長が見た地上戦-山本義中『沖縄戦に生きて』(一九八八)
  • 名付親への感謝-上田辰之助(一九八八)
  • 『ヴァイキング』の源流-『三人』のこと(一九八八)
  • たとえの効用-中沢新一『雪片曲線論』によせて(一九八八) ほか)
  • 2 二〇〇〇‐二〇〇七(いつもそばに、本が(二〇〇〇)
  • 神隠しにあった町-児玉隆也著/桑原甲子雄写真『一銭五厘たちの横丁』(二〇〇〇)
  • 作歌と選歌-近藤芳美(二〇〇〇)
  • カメラをひいて-加藤典洋『戦後的思考』(二〇〇〇) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鶴見俊輔書評集成
著作者等 鶴見 俊輔
書名ヨミ ツルミ シュンスケ ショヒョウ シュウセイ
書名別名 Tsurumi shunsuke shohyo shusei
巻冊次 3(1988-2007)
出版元 みすず書房
刊行年月 2007.11
ページ数 540, 12p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07313-0
NCID BA8262638X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21336325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ひと口で言うと 宮沢賢治の作品
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想