ドビュッシーをめぐる変奏

アンドレ・シェフネル [著] ; 山内里佳 訳

作曲家の心を、恐怖の風が吹きぬける。創作活動を文学、演劇、美術との比較で論じた先駆的な研究、待望の邦訳刊行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ある台本が気がかりで
  • 2 ドビュッシーとロシア音楽の関係
  • 3 ドビュッシーとシェイクスピア
  • 4 ドビュッシーの想像劇
  • 5 ドビュッシーの絵画の趣味
  • 6 クローシュ氏
  • 7 恐怖の演劇あるいは残酷の演劇?
  • 8 セガレンとドビュッシー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドビュッシーをめぐる変奏
著作者等 Schaeffner, André
山内 里佳
Schaeffner Andr'e
シェフネル アンドレ
書名ヨミ ドビュッシー オ メグル ヘンソウ : インショウ シュギ カラ トオク ハナレテ
書名別名 印象主義から遠く離れて

Dobyusshi o meguru henso
出版元 みすず書房
刊行年月 2012.2
ページ数 288, 36p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07265-2
NCID BB08678892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22061879
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想