なぜ古典を読むのか

イタロ・カルヴィーノ 著 ; 須賀敦子 訳

ぎっしり三十篇のエッセーを収めた本書は、文学を読む愉しみにあらためて気づかせてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ古典を読むのか
  • オデュッセイアのなかのオデュッセイア
  • クセノポン『アナバシス』
  • オウィディウスと普遍的なつながり
  • 天、人間、ゾウ
  • 『狂乱のオルランド』の構造
  • 八行詩節の小さなアンソロジー
  • ガリレオの「自然は書物である」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ古典を読むのか
著作者等 Calvino, Italo
須賀 敦子
カルヴィーノ イタロ
書名ヨミ ナゼ コテン オ ヨムノカ
書名別名 Perché leggere i classici

Naze koten o yomunoka
出版元 みすず書房
刊行年月 1997.11
ページ数 329p
大きさ 20cm
ISBN 4622046202
NCID BA33515644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98058425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想