ユーザエクスペリエンスのためのストーリーテリング

WHITNEY QUESENBERY, KEVIN BROOKS 著 ; UX TOKYO 訳

本書では、ユーザーの利用シーンやインサイト、そしてデザインのアイデアを伝えるための方法として、ストーリーテリングを紹介。ストーリーの集め方にはじまり、ストーリーの作り方、そしてそのストーリーをビジネスオーナーやプロジェクトメンバー、ユーザーといった様々なオーディエンスにどのように伝えていくかについて、効果的なプレゼンテーション方法を交えて、豊富な事例(ストーリー)とともに解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜストーリーなのか?
  • UXストーリーの効果
  • ストーリーは聞くこと、そして観察することから始まる
  • ストーリーの倫理
  • UXプロセスにおけるストーリー
  • ストーリーを集める
  • ストーリーを選択する
  • アイデアを生むストーリーの使い方
  • ストーリーで評価する
  • ストーリーを共有する
  • ストーリーをクラフトする
  • オーディエンスに配慮する
  • ストーリーの構成要素を組み合わせる
  • 構造とプロットを作る
  • ストーリーの伝え方
  • 新しいことに挑戦する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユーザエクスペリエンスのためのストーリーテリング
著作者等 Brooks, Kevin
Quesenbery, Whitney
UX TOKYO
UX Tokyo
書名ヨミ ユーザ エクスペリエンス ノ タメノ ストーリー テリング : ヨリ ヨイ デザイン オ ウミダス ストーリー ノ ツクリカタ ト ツタエカタ
書名別名 Storytelling for user experience

よりよいデザインを生み出すストーリーの作り方と伝え方
出版元 丸善
刊行年月 2011.12
ページ数 289p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-08459-5
NCID BB0786851X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22036032
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想