文理シナジーの発想 : 文科と理科の壁を越えて

高辻正基 著

環境問題、クローン人間、ネットワーク犯罪等々、文科系と理科系の枠には収まりきれない問題が多発している現在、文科系と理科系の考え方を融合し「知の総合化」を目指すことは、現代社会の閉塞状況を打ち破り、これからの社会に備えて新たなヴィジョンを与えてくれるのではなかろうか。本書は、文理シナジー(シナジーとは協力・相互作用の意味)という新しい学問の基本的な考え方から説き起こし、具体的に応用までを論じた本邦初の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文系と理系の断絶
  • 第2章 文理シナジーへの道
  • 第3章 文理シナジーとはなにか
  • 第4章 文理シナジーで扱うテーマ
  • 第5章 理科手法の文系への適用-エントロピーとカオス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文理シナジーの発想 : 文科と理科の壁を越えて
著作者等 高辻 正基
書名ヨミ ブンリ シナジー ノ ハッソウ : ブンカ ト リカ ノ カベ オ コエテ
書名別名 Bunri shinaji no hasso
シリーズ名 丸善ライブラリー
出版元 丸善
刊行年月 1998.6
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4621052691
NCID BA36313511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20078907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想