民主党はなぜ、日本を壊したのか

辻貴之 著

国旗国歌法案に賛成より反対が上回る政党。最重要な日米同盟を普天間問題でないがしろにする政党。尖閣諸島・竹島で前代未聞な不法侵入に無為無策な政党。「日本」を否定する摩訶不思議な民主党の正体とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 根本的な意味で「政治は感情で動く」
  • 第2章 国民に向けられる破壊衝動
  • 第3章 民主党政権の誕生を後押しした朝日新聞の「愚」
  • 第4章 民主党に引き継がれた田中角栄の呪縛
  • 第5章 「戦時下の日本」を再現しようとする民主党政権
  • 第6章 日本再生へ!保守の復権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民主党はなぜ、日本を壊したのか
著作者等 辻 貴之
書名ヨミ ミンシュトウ ワ ナゼ ニホン オ コワシタ ノカ
書名別名 Minshuto wa naze nihon o kowashita noka
シリーズ名 扶桑社新書 128
出版元 扶桑社
刊行年月 2012.12
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-594-06719-9
NCID BB11842382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22178273
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想