アイポッドの後で、叙情詩を作ることは野蛮である。

福田和也 著

小林秀雄、永井荷風、吉田健一…無比なる文士たちの信念と孤独。評論家・福田和也の真骨頂文芸論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アイポッドの後で、叙情詩を作ることは野蛮である。
  • 第2章 浅草は人間をぐうたらにさせて、いかんです。
  • 第3章 自由の彼方に
  • 第4章 玩物喪志の男たち
  • 第5章 巡り巡って俳諧亭
  • 第6章 ビンボー人からの吉田健一奪還作戦
  • 第7章 神の糞
  • 第8章 根性なし男のためのベレッタ
  • 第9章 孤独という名の悪徳
  • 第10章 ウィズ・メンフィス・ブルース・アゲイン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アイポッドの後で、叙情詩を作ることは野蛮である。
著作者等 福田 和也
書名ヨミ アイポッド ノ アト デ ジョジョウシ オ ツクル コト ワ ヤバン デ アル
出版元 扶桑社
刊行年月 2010.3
ページ数 275p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-594-06174-6
NCID BB02554285
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21731729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想