黄犬本papers '89〜'90

四方田 犬彦【著】

いま変貌する猥雑な混沌のなかを黄犬が往く。東京は魔都だ!四方田犬彦最新エッセイ126本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 手塚治虫を追悼する
  • 香港怪奇映画は、30本まとめて見ても見飽きない
  • セルジオ・レオーネと殿山泰司の映画的人生
  • 黒人アフリカの本当の姿がわかる映画がやってくる
  • 大島洋は、今もっともラディカルな写真家である
  • 直木賞受賞のねじめ正一の作品は出色の短編集だ
  • ビナ・バウシュは世紀末にふさわしい芸術家だ
  • 宮崎勤の犯行にかぶせられて語られた新人類世代の物語
  • 友だちがエイズになっても君はまだ冗談が言えるか?
  • 1990年、日本で最初の世紀末がやってくる
  • 誰もが可愛いマンガ『少年アシベ』の不思議
  • 純文学をめぐる神話的信仰は今も生きているか?〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄犬本papers '89〜'90
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ キイヌボンPAPERS'89-'90
出版元 扶桑社
刊行年月 1991.6.27
ページ数 439p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4594007570
NCID BN07802775
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想