世界に誇る日本の世界遺産  8

西村幸夫 監修

[目次]

  • 日本の殖産興業のさきがけとなった富岡製糸場と絹産業遺産群(なぜ富岡に製糸場が建てられた?
  • 富岡製糸場の中をめぐってみよう
  • 技術の開発と普及につくした養蚕農家
  • 自然の蚕種貯蔵庫 荒船風穴)
  • 日本の近代化を進めた明治日本の産業革命遺産(「萩エリア」萩の産業化初期の遺産群 萩反射炉
  • 「鹿児島エリア」東洋最大の工場群 集成館 旧集成館
  • 「韮山エリア」幕府直営の反射炉 韮山反射炉
  • 「釜石エリア」日本最古の洋式高炉跡 橋野鉄鉱山
  • 「佐賀エリア」国内最古のドライドック 三重津海軍所跡
  • 「長崎エリア」日本最古の木造洋風建築 旧グラバー住宅
  • 「三池エリア」近代化を支えた豊富な石炭 三池炭鉱
  • 「八幡エリア」日本の重工業の道を切りひらいた 官営八幡製鐵所)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界に誇る日本の世界遺産
著作者等 西村 幸夫
吉田 忠正
長澤 立
書名ヨミ セカイ ニ ホコル ニホン ノ セカイ イサン
書名別名 富岡製糸場/明治日本の産業革命遺産

Sekai ni hokoru nihon no sekai isan
巻冊次 8
出版元 ポプラ社
刊行年月 2016.4
ページ数 47p
大きさ 29cm
ISBN 978-4-591-14905-8
NCID BB21209976
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22710200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
富岡製糸場/明治日本の産業革命遺産 吉田忠正, 長澤立
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想