私が伝えたい日本現代史  1934-1960

田原総一朗 著

1945年の夏、一夜にして世の中が変わった-。小学校5年生の時に終戦を迎えた田原総一朗が自らの体験をもとに、「満州事変」「天皇制」「太平洋戦争」「60年安保」などの日本現代史を説く。日本の昭和を生き抜いた国民的ジャーナリストの回顧録ともいえる、現代を読み解くうえで私達が知らなければいけない歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 満州事変から2.26事件
  • 第2章 日中戦争から三国同盟
  • 第3章 日米和平交渉から開戦前夜
  • 第4章 交渉決裂から真珠湾攻撃
  • 第5章 ミッドウェー海戦からポツダム宣言受諾
  • 第6章 バカヤロー発言で退陣した吉田茂の真実
  • 第7章 昭和の妖怪と言われた岸信介のねらい

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私が伝えたい日本現代史
著作者等 田原 総一朗
書名ヨミ ワタクシ ガ ツタエタイ ニホン ゲンダイシ
書名別名 Watakushi ga tsutaetai nihon gendaishi
シリーズ名 ポプラ新書 023
巻冊次 1934-1960
出版元 ポプラ社
刊行年月 2014.2
ページ数 279p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-591-13942-4
NCID BB1492800X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22372584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想