探偵小説の哲学

ジークフリート・クラカウアー 著 ; 福本義憲 訳

ベンヤミン『ドイツ悲劇の根源』とほぼ時を同じくして書かれ、アドルノに捧げられた探偵小説論。歴史的・現象学的な形象物をモザイクの素材として、合理的理性に支配された近代社会の哲学的・神学的アレゴリー画を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 圏域
  • 心理学
  • ホテルのロビー
  • 探偵
  • 警察
  • 犯罪者
  • 変様
  • プロセス
  • 結末

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 探偵小説の哲学
著作者等 Kracauer, Siegfried
福本 義憲
クラカウアー ジークフリート
書名ヨミ タンテイ ショウセツ ノ テツガク
書名別名 Der Detektiv-Roman

Tantei shosetsu no tetsugaku
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 811
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2005.1
ページ数 172, 2p
大きさ 20cm
ISBN 4588008110
NCID BA70256884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20828857
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想