経済で読み解く大東亜戦争

上念司 著

日本は70年前も「資本主義」の"強国"だった。「金本位制」復帰による「世界恐慌」で瀕死の欧米、「共産革命」のソ連&中国…。グローバル経済の荒波に立ち向かった日本の苦闘を"経済的視点"で描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 経済と戦争の相関-「経済」がわかれば、「戦争」がわかる!(「軍部の台頭」というファンタジー
  • 「昭和恐慌」の真因は"インフレ"ではなく"デフレ" ほか)
  • 第1部 第一次世界大戦までの世界経済の動向-「金本位制」が世界経済を成長させ、そして、奈落に突き落とした…(「金本位制」がやってきた!
  • 島国のイギリスが「経済大国」になった理由 ほか)
  • 第2部 第一次世界大戦の明暗-凋落するドイツとフランス、台頭するアメリカと日本(超不安定だった「1907年恐慌」後の世界経済
  • 不幸な偶然の連鎖が生んだ「第一次世界大戦」 ほか)
  • 第3部 第二次世界大戦前夜の日本経済-日本はなぜ「大東亜戦争」に突入したのか(金本位制絶対派vs.元祖・リフレ派
  • 政界・財界に蔓延っていた「金本位心性」という病 ほか)
  • 終章 日本の戦後復興-焼け野原から「高度経済成長」を成し遂げた奇跡の国・日本(被害総額=約1340億円、失業者1000万人以上
  • 「公定価格」と「闇市価格」の乖離 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済で読み解く大東亜戦争
著作者等 上念 司
書名ヨミ ケイザイ デ ヨミトク ダイトウア センソウ : ジオ エコノミクス デ ニチベイ ノ カイセン ドウキ オ カイメイ スル
書名別名 「ジオ・エコノミクス」で日米の開戦動機を解明する
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2015.2
ページ数 255p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-584-13615-7
NCID BB18064092
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22530245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想