シンプル族の反乱 : モノを買わない消費者の登場

三浦展 著

自動車販売は減っているが自転車は人気だ。百貨店は苦しんでいるがユニクロは絶好調だ。エコ志向、ナチュラル志向、レトロ志向、和風好き、コミュニティ志向、先進国より世界遺産、農業回帰…新しい価値観が台頭してきたのだ。シンプル族が日本を変える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 シンプル族とは何か?(自動車離れが進んでいる
  • 自転車の人気が上昇 ほか)
  • 第2章 シンプル族の価値観とライフスタイル(シンプル族の生活原理
  • シンプル族の志向性 ほか)
  • 第3章 シンプル族の衣食住遊(シンプル族の特徴
  • シンプル族の「衣」 ほか)
  • 結 シンプル族がつくる社会(シンプル族は中流の質的変化
  • シンプル族がつくる「共費社会」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シンプル族の反乱 : モノを買わない消費者の登場
著作者等 三浦 展
書名ヨミ シンプルゾク ノ ハンラン : モノ オ カワナイ ショウヒシャ ノ トウジョウ
書名別名 Shinpuruzoku no hanran
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2009.7
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-584-13181-7
NCID BA90705470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21631339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想