133キロ怪速球

山本昌 著

日本球界を代表するベテラン左腕・山本昌。2008年には史上24人目の200勝投手となった。83年秋のドラフト5位で中日に入団した著者は体だけは大きかったが、しかし決して才能に満ちあふれていたわけではなかった。戦力外通告におびえていた著者は何を考え、弱肉強食のプロの世界でいまもなお生き残ることができているのか。どこにでもいた"普通の"野球少年が"特別の"投手になった理由とは。プロ26年目にして初の自著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 投手としてのこだわり
  • 第2章 野球人生のスタート
  • 第3章 転機-米国野球留学
  • 第4章 プレッシャーとの付き合い方
  • 第5章 わが師の教え
  • 第6章 「遊び心」を磨く
  • 第7章 正しい努力の方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 133キロ怪速球
著作者等 山本 昌
書名ヨミ 133キロ カイソッキュウ
シリーズ名 ベースボール・マガジン社新書 027
出版元 ベースボール・マガジン社
刊行年月 2009.5
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-583-10169-9
NCID BA90024451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21598560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想