在りし、在らまほしかりし三島由紀夫

高橋睦郎 著

四十六回目の憂国忌。三島さん、もっと生きてほしかった。作家最晩年の六年間を間近に接した詩人の深い人間理解と終わることなき衰悼の思い。営々と三島の問いを反芻し続ける超文学論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(活動写眞誉切腹
  • 三島由紀夫氏と『三原色』 ほか)
  • 2(RHETORICA
  • 死の絵 ほか)
  • 3(友達の作り方(抄)
  • 聖三角形-Y・M、T・S、T・I、そして ほか)
  • 4(在りし、在らまほしかりし三島由紀夫
  • 対談 詩を書く少年の孤独と栄光 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在りし、在らまほしかりし三島由紀夫
著作者等 高橋 睦郎
書名ヨミ アリシ アラマホシカリシ ミシマ ユキオ
書名別名 Arishi aramahoshikarishi mishima yukio
出版元 平凡社
刊行年月 2016.11
ページ数 280p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-83746-9
NCID BB22861855
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22830482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想