幻のキネマ満映

山口猛 著

「満鉄」発足から百年。傀儡国家"満州"の文化面の支配を担った「満州映画協会」は、長く謎の存在であった。その満映の理事長として君臨した甘粕正彦と多彩な"活動屋"に焦点を当て、歴史の謎に鋭く挑んだ唯一の書。広汎な史料と貴重な聞き書きで満映の全貌を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "母"の国への旅立ち
  • 第2章 満映事始
  • 第3章 甘粕正彦の満映理事長着任
  • 第4章 右翼、左翼、活動屋の華麗な饗宴
  • 第5章 甘粕正彦の自殺、崩れ落ちた楼閣
  • 第6章 東北電影-革命と苦闘の中で
  • 年表・フィルモグラフィー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻のキネマ満映
著作者等 山口 猛
書名ヨミ マボロシ ノ キネマ マンエイ : アマカス マサヒコ ト カツドウヤ グンゾウ
書名別名 甘粕正彦と活動屋群像

Maboroshi no kinema man'ei
シリーズ名 平凡社ライブラリー 588
出版元 平凡社
刊行年月 2006.9
ページ数 525p
大きさ 16cm
ISBN 4582765882
NCID BA78367856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21122535
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想