和魂洋才の系譜 : 内と外からの明治日本  上

平川祐弘 著

明治日本の人々は、西洋の衝撃に対してどのように応答したのか。異質の文明との対比によって自己を認識し、個人として、また民族としての生き方を将来に向かって問いかけ、方向づけようとした、その努力の歴史を跡づける。明治という"豊富な過渡期"を縦横に考察し、"日本とは何か"を問うた画期的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 非西洋の近代化とその心理(和魂洋才の系譜
  • 西洋文明との出会いの心理)
  • 第2部 非西洋の近代化と人種間問題(森鴎外と黄禍論-軍人、科学者、外国研究者の知的責任
  • 白人の重荷と黄人の重荷-キプリングと徳富蘇峰
  • 黄禍と白禍-アナトール・フランスの見方をめぐって
  • 日本海海戦-ファレールの比較文化論的考察
  • 戦時下の日本-クーシューが見た明治三十七年の東京 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和魂洋才の系譜 : 内と外からの明治日本
著作者等 平川 祐弘
書名ヨミ ワコン ヨウサイ ノ ケイフ : ウチ ト ソト カラノ メイジ ニホン
書名別名 Wakon yosai no keifu
シリーズ名 平凡社ライブラリー 585
巻冊次
出版元 平凡社
刊行年月 2006.9
ページ数 434p
大きさ 16cm
ISBN 4582765858
NCID BA78361940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21122441
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想