漱石と落語

水川隆夫 著

「小さんは天才である。実は彼と時を同じうして生きている我々は大変な仕合せである」そう書いた江戸っ子・漱石。その文学の国民性は庶民芸能である落語の精神に深く繋がっていた。『猫』や『坊っちゃん』の軽妙な文体はもちろん、晩年の作品になお見え隠れするユーモアや諧謔など、生涯消えることのなかった漱石と落語の関係を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 作家以前の時代(幼年時代
  • 少年時代
  • 学生時代 ほか)
  • 2 「吾輩は猫である」の時代(「吾輩は猫である」
  • 落語研究会と「みづまくら」
  • 「漾虚集」 ほか)
  • 3 「草枕」以後の時代(「草枕」「二百十日」「野分」
  • 「虞美人草」から「それから」まで
  • 「門」から「私の個人主義」まで ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石と落語
著作者等 水川 隆夫
書名ヨミ ソウセキ ト ラクゴ
書名別名 Soseki to rakugo
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2000.5
版表示 増補.
ページ数 296p
大きさ 16cm
ISBN 4582763421
NCID BA47008247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20086609
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想