暁の火花

佐々木裕一 著

徳川幕府転覆を企む神宮路翔の探索のため京の所司代屋敷に逗留の鷹司松平信平に、江戸の稲葉老中から書状が届いた。筑前朝倉藩の藩主・黒田長章が参勤交代の途路、病を得て京屋敷で療養中というが、その生死を確かめよというのである。京屋敷に向かうと…。三代将軍家光の正室の実弟で、今は公家から旗本となった信平は、神宮路の魔の手が朝倉藩に及んでいると察し…。実在の大名の痛快な物語、第15弾『魔眼の光』の続篇。書き下ろし長編時代小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暁の火花
著作者等 佐々木 裕一
書名ヨミ アカツキ ノ ヒバナ
書名別名 Akatsuki no hibana
シリーズ名 公家武者松平信平 16
二見時代小説文庫 16
出版元 二見書房
刊行年月 2017.5
ページ数 258p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-576-17058-9
全国書誌番号
22881179
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
暁の火花 佐々木 裕一
渡月橋の白鷺 佐々木 裕一
獄門島の闇 佐々木 裕一
竹林の風 佐々木 裕一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想