憲法問題

伊藤真 著

本書はカリスマ塾長の異名をとる著者が、自民党改憲案を検証した上で、憲法の本質を歴史的な観点からわかりやすく解説。96条には民主主義ならではの危険を避ける意図があること、9条が変わるとどうなるかについても言及。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 憲法は「国」を縛るためのルール
  • 第2章 憲法改正のハードルは高い?低い?-九十六条憲法改正
  • 第3章 日本の主権は誰のものか?-憲法前文・天皇
  • 第4章 誰もが生まれながらにして「人権」を持っている-基本的人権
  • 第5章 日本は「戦争をする国」へ?-国防軍の規定
  • 第6章 気になる道州制・外国人地方参政権は?-地方自治
  • 第7章 国家緊急権とは何か-緊急事態
  • 第8章 立憲主義の歴史をたどる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法問題
著作者等 伊藤 真
書名ヨミ ケンポウ モンダイ : ナゼ イマ カイケン ナノカ
書名別名 なぜいま改憲なのか

Kenpo mondai
シリーズ名 PHP新書 874
出版元 PHP研究所
刊行年月 2013.7
ページ数 250p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-81331-8
NCID BB13007659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22280097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想