目からウロコの近現代史

河合敦 著

これほど日本の歴史が劇的であった時代は他にない!-本書は、日本史のなかでも特に複雑で分かりにくいとされる近現代史を、謎や新説、意外なエピソードを盛り込んで面白く解説していく。「関東大震災で首都が移転されそうになった?」「板垣退助が"自由は死せず"と言ったのは本当?」「なぜ第一次大戦で日本に成金が生まれたのか?」など、教科書では教えない"目からウロコ"の情報が満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代国家への第一歩「明治時代前期」(西南戦争の発端-なぜ西郷隆盛は明治十年まで反乱を待ったのか
  • 西南戦争の経過と結果-西南戦争は、どのように戦われていったのか ほか)
  • 第2章 暗黒時代の足音「明治時代後期」(日清戦争開戦-強引に日清戦争が開始された事情とは?
  • 女性たちの労働生活-産業革命の成功には、女性たちの過酷な労働があった? ほか)
  • 第3章 自由への渇望「大正時代」(門閥政治の実態-大正政変とはどのような事件だったのか
  • 大戦景気の中の日本-なぜ第一次世界大戦が日本で成金を生んだのだろう ほか)
  • 第4章 民主主義の胎動「昭和時代」(農村大不況下の悲劇-なぜ農村の娘たちは身売りされてしまったのか
  • 満州事変の発端-なぜ関東軍は暴走して満州事変を勃発させたのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 目からウロコの近現代史
著作者等 河合 敦
書名ヨミ メ カラ ウロコ ノ キンゲンダイシ
書名別名 Me kara uroko no kingendaishi
シリーズ名 PHP文庫
出版元 PHP研究所
刊行年月 2006.7
ページ数 334p
大きさ 15cm
ISBN 4569666566
NCID BA8069331X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21057961
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想