大阪人の「うまいこと言う」技術

福井栄一 著

「アンタの話は『新しい煙管』やなあ。つまらんわ」-。笑いの都・大阪には、相手に「うまいこと言うなぁ」と思わず感心させ、場の空気を和ませるような会話表現がある。角が立たないように、言いたいことはしっかり言う。その技は、商談やお隣りさんとの日常会話、色街での駆け引きの中で息づいてきた。あからさまには言えないとき、窮地に陥ったときなど、ユーモア溢れるとっさの一言があれば、行き詰まる会話に風穴を開け、人間関係を円滑にできる!会話力を磨きたい人必読のオモシロ知的表現術。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「しゃれ言葉」用例集(どないもなりまへんわ
  • 口八丁、手八丁でっせ
  • ホンマ難儀な人やなあ
  • しょせんこの世は男と女やで
  • 金の切れ目が縁の切れ目ですわ
  • さい先どないでっしゃろ)
  • 第2部 大阪人の「言葉」と「コミュニケーション」-しゃれ言葉の誕生と特質をめぐって(生活(商い)と言葉
  • 文化(芸能)と言葉
  • 生活(商い)と文化(芸能)の相補作用
  • 江戸との比較
  • 大阪のしゃれ言葉
  • しゃれ言葉と現代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大阪人の「うまいこと言う」技術
著作者等 福井 栄一
書名ヨミ オオサカジン ノ ウマイ コト ユウ ギジュツ
書名別名 Oosakajin no umai koto yu gijutsu
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2005.8
ページ数 260p
大きさ 18cm
ISBN 4569644937
NCID BA73032056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20853553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想