使える!『徒然草』

齋藤孝 著

『徒然草』を古典の授業だけのものにしておくのはもったいない。現代人のコミュニケーションやビジネスにも使えるヒントが満載されているのだ。「集中力を高める」「自分の得意技を持て」「眼力をつける」「知ったかぶりをしない」「余韻を残す心遣い」「嫌な気分を整理する方法」…。先人の知恵からインスピレーションをどうやって得るのか、斎藤流の手法で紹介。「古典はムリヤリにでも自分にひきつけて"使う"というくらいの気持ちで迫るのがちょうどいい」と語る。教科書には載っていない「平成徒然草」の読み方。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 『徒然草』の使い方
  • 第1章 上達の秘訣(やりたいことはすぐ取り掛かる-第百五十五段
  • 真似ることで上達する-第八十五段
  • 人前に出て、技は磨かれる-第百五十段 ほか)
  • 第2章 生きるのが楽になる知恵(三人の先達を持つ-第五十二段
  • 勝手な行動が許されてしまう人-第六十段
  • 眼力をつける-第百九十四段 ほか)
  • 第3章 人生を深く味わう極意(大欲と無欲は同じ-第二百十七段
  • 孤独を技にして、自らを深める-第七十五段
  • 余韻を残す心遣い-第三十二段
  • 嫌な気分を整理する方法-第十一弾)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 使える!『徒然草』
著作者等 齋藤 孝
斎藤 孝
書名ヨミ ツカエル ツレズレグサ
シリーズ名 徒然草
PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2005.3
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 4569640397
NCID BA71437181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20764555
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想