養老孟司の<逆さメガネ>

養老孟司 著

「世の中おかしくなった」と誰もがいう。教育の荒廃、凶悪犯罪、環境破壊、金銭汚職…。ことあるごとに「誰かのせい」がはじまる。政治家が、役人が、教師が、そして会社が悪い。そうじゃない!あなた自身の見方・考え方がまちがっているのだ。「都市こそ進歩」「個性は心にある」「バリア・フリーの社会を」…。現代人のその価値観は、大きな錯覚である。本書では、「都市主義」「脳化社会」のゆがみを鋭く指摘。これまでの常識にしばられず、本質を見抜けるか。養老流の"逆さメガネ"を披露。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代人の大きな錯覚-"逆さメガネ"の教育論
  • 第2章 都市化社会と村社会-脳化社会の問題
  • 第3章 身体感覚を忘れた日本人-都市化と身体
  • 第4章 大人の都合と子どもの教育-問題は親にあり
  • 第5章 変わる自分、変わらない自分-心と身体の関係
  • 第6章 人間が幸福にならない脳化社会-意識的世界の限界
  • 第7章 ふつうの人が幸福に暮らせる社会-共同体を生きる
  • エピローグ 男と女は平等か-人間を分割してしまうもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 養老孟司の<逆さメガネ>
著作者等 養老 孟司
書名ヨミ ヨウロウ タケシ ノ サカサ メガネ
書名別名 Yoro takeshi no sakasa megane
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2003.8
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4569630839
NCID BA63194335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20467722
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想