湯川秀樹の世界 : 中間子論はなぜ生まれたか

中野不二男 著

一九四九年、四十二歳で日本人初のノーベル賞受賞に輝いた湯川秀樹。それは、中間子論の提唱から十五年後のことだった-。欧米の研究者たちが原子の構造を次々と解明してゆく物理学の熱狂時代、二十代の秀樹は当時最大の「謎」に真正面から挑み、「新粒子」理論に辿りつく。当初、学会では無視され、外界は戦争へ突入してゆくが、時代は着実に彼の「予言」に導かれてゆくことになる。その半生のドラマを通して、中間子論の真の価値を明らかにした、湯川秀樹ノンフィクションの決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 戦乱と研究
  • 第1章 大発見の連鎖-十九世紀末
  • 第2章 原子の構造に迫る-一九〇三年〜一九一三年
  • 第3章 "自分の世界"への静かなる挑戦-一九一四年〜一九三二年
  • 第4章 新しい粒子を求めて-一九三二年〜一九三四年
  • 第5章 国際舞台での苦闘-一九三四年〜一九三九年
  • 第6章 日本人初のノーベル賞受賞-一九三九年〜一九四九年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 湯川秀樹の世界 : 中間子論はなぜ生まれたか
著作者等 中野 不二男
書名ヨミ ユカワ ヒデキ ノ セカイ : チュウカンシ ロン ワ ナゼ ウマレタカ
書名別名 Yukawa hideki no sekai
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2002.12
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4569625177
NCID BA59788008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20346277
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想