声を聞かせて、ベト

グエン・ドク 著

生き別れの実母との再会、分離手術、いじめ、初恋と別れ、孤児へのボランティア、エンジニアの仕事、そして、ドクが神様に祈ること…。初めて語られた「ベトちゃんドクちゃん」奇跡の20年。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 心もつながっている(「お母さん、お母さん、助けて…」
  • わかりあえないから、わかりあいたい
  • 頭と身体が二つ、手が四本、足が二本、性器と肛門が一つ
  • 書き取りは交互に ほか)
  • 第2章 死にたくない、生きて学校に行きたい(自由がほしい
  • 「一人で生きていけるんだろうか」
  • 「お母さん、なぜぼくたちを見捨てたの」
  • 「本当のお母さんなのに、なんで叱ってくれないの」 ほか)
  • 第3章 ぼくは障害者ではない。ふつうの人だ(孤児や身寄りのない人のためにボランティア活動に参加
  • 子どもたちにパソコンを教えたい
  • 二〇〇二年のワールドカップが待ち遠しい
  • みんなお金はないけど、心は豊かだ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 声を聞かせて、ベト
著作者等 Nguyen, Duc
NGUYEN DUC
Nguyen Duc.
グエンドク
書名ヨミ コエ オ キカセテ ベト
書名別名 Koe o kikasete beto
出版元 PHP研究所
刊行年月 2001.3
ページ数 233p
大きさ 19cm
ISBN 4569614981
NCID BA51789222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20158119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想