既得権の構造 : 「政・官・民」のスクラムは崩せるか

松原聡 著

八〇年代以降、「小さな政府」を目指した諸政策をいちはやく実現した活況を取り戻したアメリカやイギリス。これに対し日本での改革は遅々として進まず、経済は依然として低迷している。中途半端に終わったNTT分割、聖域とされつづける郵政事業、実態が不透明な特殊法人等々。これらの問題の根底にあるのは、日本社会全体に根強くはびこる「政・官・民」の強固なスクラムである、と著者。自らの既得権に固執して、改革を阻んでいるのは一体誰なのか。多くの具体的な事例を検証し、その構造を明らかにした力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 失われた十五年
  • 第2章 省力再編とは何だったのか
  • 第3章 「政・官・民」のスクラム
  • 第4章 既得権との戦い
  • 第5章 既得権を崩すIT革命
  • 終章 既得権益から「公」益へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 既得権の構造 : 「政・官・民」のスクラムは崩せるか
著作者等 松原 聡
書名ヨミ キトクケン ノ コウゾウ : セイ カン ミン ノ スクラム ワ クズセルカ
書名別名 Kitokuken no kozo
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2000.10
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 4569612954
NCID BA48416657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20111168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想