昭和史がわかる55のポイント

保阪正康 著

戦争、敗戦、復興、経済成長…。飢餓あり飽食あり、軍国主義も民主主義もあった「昭和」という時代。二十世紀の三分の二にあたり、人類の体験した事件・事象がすべて詰まった昭和史は、二十一世紀の日本と日本人を考える上で多くの示唆と教訓に満ちている。昭和史を読み解く上で大切な55の項目を選び、時代を追いながらわかりやすく解説した好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 昭和前期(1926〜1945)(昭和史の時代区分-前期・占領期・後期の三つの節がある
  • 大正から昭和へ-改元時の日本の姿はどのようなものだったか ほか)
  • 第2部 占領期(1945〜1952)(GHQ最高司令官マッカーサー-彼は日本をどんな国家にしようとしたか
  • 戦後教育改革-アメリカが導入した民主主義理念 ほか)
  • 第3部 昭和後期(1952〜1989)(十年目の経済白書-名言「もはや『戦後』ではない」の意味とは
  • 六〇年安保と岸内閣-"戦後最大のフィーバー"とは何だったのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和史がわかる55のポイント
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ ショウワシ ガ ワカル 55 ノ ポイント
書名別名 昭和史を読む50のポイント

Showashi ga wakaru 55 no pointo
シリーズ名 PHP文庫
出版元 PHP研究所
刊行年月 2001.4
ページ数 354p
大きさ 15cm
ISBN 4569575366
NCID BA53381788
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20160583
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想