古典の読み方

谷沢永一 著

「古典」とは、我々現代人の「腹のたしになる本」である。そして我々が「古典」から学ぶべきものは、「人間をどう見るか」「その人間が構成する社会をどう見るか」のただ二つである。-本書では、当代随一の読書人が、その基準のみに依って、論語、サマセット・モーム、匿名の性記録ほか、九冊の古典を厳選。併せて、実生活に活かす知恵としての、谷沢流読書ノウハウも開陳する。精神のスタミナ不足を感じるビジネスマン必読の一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 今、なぜ古典が必要か-新分野を切り拓く知恵の源泉を求めて(「古典」の現代的価値とは何か-人間観察眼の有無が問われる時代の基本条件
  • 私の読書論-勉強とは、「人間性」と「人間社会」を知ることである)
  • 2章 人間社会のメカニズムを読む-社会は「個人の幸せ」の追求をどこまで許すのか(『論語』-最も有利な生き方のすすめ
  • 『ジュリアス・シーザー』-説得の表芸と裏芸 シェイクスピアが展開した人間関係論の極致
  • 『プルターク英雄伝』-人間を評価する基準 知謀に長けた人間には、どうな落とし穴が待っているのか
  • 『三国志』-歴史に必然性なし 日本人は、なぜこの歴史物語を最も愛読してきたのか
  • 『悪霊』-思想人間・政治人間の仮面を剥ぐ 予言者ドストエフスキーが洞察した社会と人間心理の関係)
  • 3章 人間性の本質を読む-人間に共通した行動原理は何か(『この世の果て』-世間体・自尊心・感謝・報恩 "帰ってきた人間嫌い"サマセット・モーム、ただ一つのテーゼ
  • 『箴言集』-素っ裸にされた人間性の真実 モラリスト、ラ・ロシュフコーが徹底して洞察した人間の行動原理
  • 『マイ・シークレット・ライフ』-性に魅せられた魂 男と女の性交渉のパターンがすべて網羅された世界の珍書
  • 『日本文化史研究』-日本とは何か 一大碩学・内藤湖南が主張する「歴史観察」のための座標軸
  • 読書を実生活に生かす知恵-人間にとって、成長とは何か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古典の読み方
著作者等 谷沢 永一
書名ヨミ コテン ノ ヨミカタ
書名別名 現代人のためのスタミナ読書

Koten no yomikata
シリーズ名 PHP文庫
出版元 PHP研究所
刊行年月 1992.5
ページ数 227p
大きさ 15cm
ISBN 4569564682
NCID BN08685564
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92041469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想