山魔の如き嗤うもの

三津田信三 著

忌み山で人目を避けるように暮らしていた一家が忽然と消えた。「しろじぞうさま、のーぼる」一人目の犠牲者が出た。「くろじぞうさま、さーぐる」二人目の犠牲者-。村に残る「六地蔵様」の見立て殺人なのか、ならばどうして…「あかじぞうさま、こーもる」そして…。六地蔵様にまつわる奇妙な童唄、消失と惨劇の忌み山。そこで刀城言耶が「見た」ものとは…。『首無の如き祟るもの』に続く渾身の書き下ろし長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山魔の如き嗤うもの
著作者等 三津田 信三
書名ヨミ ヤマンマ ノ ゴトキ ワラウ モノ
書名別名 Yamanma no gotoki warau mono
シリーズ名 ミステリー・リーグ
出版元 原書房
刊行年月 2008.4
ページ数 430p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-562-04151-0
NCID BA86120928
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21420566
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想