遣唐使が歩いた道

曹復 著 ; 「人民中国」翻訳部 訳

ドラマチックな遣唐使今昔物語!264余年・18回におよぶ遣唐使が我国にもたらしたものは何か。苦難の末、唐土に渡った多くの先人達の足跡を克明にたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 徐福が開いた中日航路
  • 古代中国の表玄関-登州(山東省)
  • 円仁と赤山法華院(山東省)
  • 文人学者が登った地-文登(山東省)
  • 「海のシルクロード」の起点-煙台(山東省)
  • 第一回遣唐使が上陸した莱州(山東省)
  • 聖跡・五台山巡礼(山西省)
  • 古代日本と中国を結んだ町-明州(逝江省)
  • 空海の足跡が残る地-福州(福建省)
  • 古代の国際開放都市-泉州(福建省)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遣唐使が歩いた道
著作者等 人民中国翻訳部
人民中国雑誌社
曹 復
書名ヨミ ケントウシ ガ アルイタ ミチ
出版元 二玄社
刊行年月 1999.7
ページ数 301p
大きさ 19cm
ISBN 4544052084
NCID BA43365978
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99112396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想