価格の心理学 : なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?

リー・コールドウェル 著 ; 武田玲子 訳

「購買心理学」と「行動経済学」の観点からアプローチする、新しい価格戦略の教科書。お客は売り場で何をどう認識して購買を決定するのか、その決定はいかに「不合理」か。顧客心理を読み解き、「買い」へと誘導する価格設定の技法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ポジショニングと価格設定-どこで、何と比較させるかで価格は変わる
  • 原価に基づく試算-「適正価格」ではなく、「最低価格」を把握する
  • 顧客心理の読み方-価格の差別化で顧客の「欲しい」を引き出す
  • マーケットのセグメンテーション-顧客の決定はじつに「不合理」
  • バイアスとの戦いと公平さの追求-マーケットには価格の「壁」が潜む
  • 記憶と期待-新商品の価格設定をリフレーミングする
  • アンカリング効果-価格比較の心理を操作する
  • マーケットでの競争戦略-値引き競争を避けるベストプライスの見つけ方
  • おとり戦略-非対称の優位性「ボーラーハット理論」を利用する
  • 代金の後払い-支払いがずっと後ならサイフのひもはゆるむ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 価格の心理学 : なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?
著作者等 Caldwell, Leigh
武田 玲子
コールドウェル リー
書名ヨミ カカク ノ シンリガク : ナゼ カフェ ノ コーヒー ワ タカイ ト オモワナイ ノカ
書名別名 THE PSYCHOLOGY OF PRICE

Kakaku no shinrigaku
出版元 日本実業出版社
刊行年月 2013.2
ページ数 304,13p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-534-05042-7
NCID BB11740495
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22210048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想