ファシリテーション・グラフィック : 議論を「見える化」する技法

堀公俊, 加藤彰 著

議論を描けば会議が変わる!ミーティングやワークショップを効果的に進行する必須スキルを豊富なビジュアルを用いて解説する初めての入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 基礎編-議論を描けば話し合いが変わる(ファシリテーション・グラフィックで会議が変わった!
  • ファシリテーション・グラフィックのメリット ほか)
  • 第2章 技術編-ファシリテーション・グラフィック上達の6つのポイント(道具を使いこなそう
  • 描き方に工夫をこらそう ほか)
  • 第3章 実践編-ファシリテーション・グラフィックを使ってみよう!(いつでもどこでもファシグラ(FG)
  • 定例の話し合いの場で ほか)
  • 第4章 研究編-ファシリテーターの頭の中を解剖する!?(ケーススタディ:ちょっとした打ち合わせで-とにかく描いて議論をかみ合わせる
  • ケーススタディ:定例のミーティングで-キーとなる発言を着実に拾っていく ほか)
  • 第5章 熟達編-ファシリテーション・グラフィックを極めるために(進行と記録を両立させるには
  • 議論を促進するグラフィックの描き方 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ファシリテーション・グラフィック : 議論を「見える化」する技法
著作者等 加藤 彰
堀 公俊
書名ヨミ ファシリテーション グラフィック : ギロン オ ミエルカスル ギホウ
書名別名 Facilitation graphics
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2006.9
ページ数 221p 図版8p
大きさ 21cm
ISBN 4532312884
NCID BA78741125
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21112436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想