リンゴが教えてくれたこと

木村秋則 著

自然には何一つ無駄なものはない。私は自然が喜ぶようにお世話をしているだけです-。絶対不可能と言われたリンゴの無農薬・無肥料栽培を成功させ、一躍時の人になった農業家が、「奇跡のリンゴ」が実るまでの苦難の歴史、独自の自然観、コメや野菜への展開を語るとともに、農薬と肥料に依存する農のあり方に警鐘を鳴らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 木村、やっと花が咲いたよ
  • 第2章 農薬はつらい-無農薬・無肥料への一念発起
  • 第3章 死を覚悟して見つけたこと
  • 第4章 米の自然栽培は難しくない
  • 第5章 全国、世界へと広がる輪
  • 第6章 すべて観察からはじまる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リンゴが教えてくれたこと
著作者等 木村 秋則
書名ヨミ リンゴ ガ オシエテクレタ コト
シリーズ名 日経プレミアシリーズ 046
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2009.5
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-532-26046-0
NCID BA90034455
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21595292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想